スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

千曲市 三滝ツーリング

昨日、7時に起きて参院選の投票に行った後、
特に何もすることがなかったので、ちょいとツーリングに行ってきた。

行き先は、千曲市の三滝(滝です)
何年か前の冬(ワークス乗ってた頃)に行きかけたことがあったのだが、
あいにく雪で道が通行止めになってて、苦虫を噛み締めたことがあった。

まあ距離もそんなないし、この時期なら大丈夫だろう、ということで。

10時半ぐらいに出発し、まず腹ごしらえ。
中野の山どりで、鳥唐揚げ定食を。
何回か食べたことがあるのだが、これが結構クセになる味で、ふと食べたくなるときがある。
IMG_0452.jpg

そんで再出発。
基本R403を千曲市方面へ行って、雨宮から倉科地区へ。
次第に道が狭くなり、山道を少し進むと、目的地到着。

IMG_0466.jpg
この左の道を上がってくる。
車が一台なんとか通れるぐらいの幅員。

IMG_0463.jpg
説明書き。トレッキングとまでは行かないが、周遊道があるらしい。
但し、当然未舗装でかなりハードな道だと知る。。。

IMG_0471.jpg
三滝は名前の通り3つの滝からなり、早速「一の滝」がお目見え。
ただ、水量が少ないのか、かなり迫力に欠けていた。ていうか迫力ないww

IMG_0477.jpg
そして二の滝へ向かう。
雰囲気満点の道。虫はもちろんのこと、ガチでクマが出てきそうで怖かった。

ちなみに、私の他にはだ~れもいなかった。

IMG_0491.jpg
二の滝。
一の滝と同じく、ちょろちょろレベル。
こうなると、もう1つの滝もどんな感じか予想がつく。
クマが出てきそうだし、更に孤独で恐怖心が煽られ、もう帰ってしまおうかと思ったが、
せっかく(しかもリベンジで)来たので、もう1つ上まで行くことに。

IMG_0494.jpg IMG_0496.jpg
その道の途中、「危険」という注意書きが。
ただでさえおっかないのに、何に注意か全く分からなかったので、更に怖くなってしまったw
遊歩道という看板があったが、ほとんど道なき道です。

しかも、結構勾配がきつい。森の中といえど、ジャケットを着ていれば汗びっしょり。

IMG_0502.jpg
そして三の滝。ここが一番水量がなかったかな・・・
梅雨の時期とか、秋頃来ればもっと滝っぽいのかな?

そんなこんなで、無事ミッションを達成したので、逃げるように愛車の元へ下りて行きました。IMG_0529.jpg

帰りも寄り道しなかったので、1時間ほどで帰宅。
そんなに長距離じゃなかったけど、なかなか良いツーリングだった。
天気も良かったし。(ジャケットはメッシュだけど、さすがに暑い!)
ただ、座りっぱなしでケツが痛かったな。信号待ちでケツ浮かしたりしてたしww

おまけ
あまりに誰もいなかったので、記念に自撮りに挑戦。
滝へ上る前に撮ったので、カメラの調整とバイクへの行ったり来たりで、実は既にこの時から汗びっしょりだったのである。
IMG_0460.jpg
イケメ~ン?じゃないので、顔はモザイク入れた。
スポンサーサイト

Tag:バイク  Trackback:0 comment:0 

車用マルチメーター?構想

CD90用のタコメーターが完成し(取り付けはまだ)、
すっかり気を良くしてしまったのか、次は車用のマルチメーターの構想を描いている。

multimeter.jpg
なんとなく描いているイメージは、
回転数パルス信号から回転数を取得し、1,000rpmごとにLEDを光らす。(F1風?ww)
スピードをデジタル表示するが、ボタンを押すことで電圧表示に切り替えれるようにする。
(2桁しかないので、左の桁は16進数で10の位を表す、例えば12.5VならC.5みたいな)
あと、CdSセルで周囲の明るさを検知し、PWMでLEDの明るさを調節する。(画像左下の丸いやつ)

もちろんマイコンはAVRで、ADコンバータ機能のあるATmega88を使う予定。

まあ車にはタコメータもスピードメータも当然のことながら付いているので、
こんなものが必要かと聞かれればNoだが、自分でこんなの作ったぞ!みたいな、まさに自己満足感が欲しいのであるw

すっかりマイコンの楽しさにハマってしまったのかもしれない。
しかも昨日、秋月でLEDやLCD等、電子部品を40点・計12k円も注文してしまった。
入れる場所ねぇww

Tag:電子工作  Trackback:0 comment:0 

タコメータ製作 ほぼ完成!

タコメータを製作しようと思ってから、早1年ちょい・・・

この土日、ようやくほぼ完成しました!!
やっぱりオシロで波形が確認出来ると、効率がグンと上がるね!

まず先週の段階で波形が確認出来て、パルス取り込み回路も目処がついたので、この週末はマイコンのプログラムを完成させようと思ってた。
で、いそいそとトライ&エラーを繰り返していたのだが、なぜだかこの週末は頭がキレキレで、試したプログラムがダメでもすぐにアイデアが浮かんできた。

完成が見えてきていたので、「テンションあがってきたwww」状態だったのか?ww

そして土曜日にプログラムが完成、今度は回路図起こして実体配線図を作成し、土日にかけてハンダ付け。

まず回路図。あんまり回路図なんて書かないのでセンスがないが、分かればおk。
2313_tachometer.jpg
ピックアップコイルからのパルスを、フォトカプラ(TLP512)で受けて5Vに変換。
7,500rpmぐらいでピークが15Vぐらいだったので、フォトカプラ内のLEDが壊れないように抵抗を決めた。
ただ、15V~-20Vとマイナス方向にもかなり振れていたので、念のため抵抗の前にダイオードを入れといた。(回路図にはないけど)
あと10kの抵抗は、フォトカプラがオープンコレクタなので単にプルアップ。
従って、パルスが入ってないときは5V、パルス入ったら0V。
そのパルスは、PD6(インプットキャプチャ)にIN。

あとは7セグにつないでるだけ。
4桁をダイナミック点灯で回してるので、2SC1815を4つ。

ピンがちょっと余ってしまったのがもったいないが、仕方ない。

2313_tachometer_haisen.jpg
実体配線図はこんな感じに。緑がジャンパー線。まあ自分が分かれば良いww
実はフォトカプラ前の抵抗を入れ忘れ、若干泣きを見たのは秘密。

次にプログラム。
Tiny2313は8bitのタイマー0と16bitのタイマー1の2つがあるが、
タイマー0は7セグのダイナミック点灯用で、タイマー1がタコメータ用。
タイマー0は1MHzの8分周でオーバーフローさせて、約2msで割り込み。

タイマー1も8分周で、パルスが入ってきたときの割り込みと、オーバーフロー割り込みの2つ。
パルス割り込みは、前のパルスが入ってきた時のカウントと、次にパルスが入ってきた時のカウントの差から計算して、回転数を算出。
オーバーフロー割り込みは、もしパルスが入ってこなかったら「-」と表示させるためのもの。

あとオマケで、電源投入時にCD90と表示させるようにしてみた。
DSC_0211.jpg  DSC_0212.jpg
左は、表示の桁を間違えて左右逆になってしまったもの。
このミス、よくやりますww 右が正解。

そんなところでハンダ付け。これがめんどくさかった。。。。
5時間とか平気でやってたと思う。幸い、配線ミスとかはなかった。
DSC_0214.jpg
んで完成して、1,000rpm(16.67Hz)のパルスを与えてるところ。
こんぐらいの誤差ならなんてことはない。

そして実車での確認。
DSC_0215~01
ちょいと分かりにくいが、1500と表示されている。それっぽいぞ!

あとは配線と、ケースに入れて取り付けるだけ。
それはまだ構想段階www何せこんなトントンで進むと思わなかったからw

それにしても、自分で言うのもなんだが、飽きやすい性格の中よく作ったなぁと思う。
まあ回路設計とかプログラムは、正直動けば良いレベルだが・・・

あとは配線と取り付け方法を考えて、ツーリングに行くぞ!!

※誰も参考にする人いないと思うけど、備忘録も兼ねて続きを読むにプログラムを置いとく。
...more

Tag:電子工作  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

edia@あると

By edia@あると
山に囲まれた県でひっそりと生きる会社員

F1/車/電子工作(AVR)/ゲームなどが趣味

※画像は丹精こめて描いたまっくろくろすけ

カレンダー、月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。